高齢者虐待防止法も知っておこう

近年、高齢者に対する身体的・心理的虐待、介護や世話の放棄などが家庭や介護施設で行われていることが社会問題になりました。
高齢者虐待とは、65以上の高齢者の心身に深い傷を負わせ、基本的人権を侵害する行為です。殴る・蹴るなどの暴力行為、暴言、必要な医療・介護を受けさせず放置、勝手に年金を使ってしまうなどがあります。それも1つではなく、2つ、3つと重ねて虐待が行われています。

これらを受けて、平成18年4月に「高齢者虐待防止・養護者支援法」が施行されました。

この法律では、高齢者虐待に気づいた人からの市区町村への通報を努力義務としています。さらに、必要が認められる場合は、警察の援助を求めることもできます。

高齢者虐待の内容

身体的虐待
高齢者の身体に外傷が生じ、または生じるおそれがある暴力を加えること
介護・世話の放棄、放任
高齢者を衰弱させるような著しい減食、長時間の放置、養護者以外の同居人による虐待行為の放置など、養護を著しく怠ること。

心理的虐待
高齢者に対する著しい暴言または著しく拒絶的な対応、その他高齢者に著しい心理的外傷を与える言動を行われること
性的虐待
高齢者にわいせつな行為をすること、または高齢者をしてわいせつな行為をさせること

経済的虐待
養護者または高齢者の親族が当該高齢者財産を不当に処分すること。その他当該高齢者から不当に財産上の利益を得ること

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ